太陽光発電向け基礎抗|『柱状改良併用鋼管杭』

『柱状改良併用鋼管杭』

太陽光発電向け基礎抗

製品の特徴

柱状改良併用鋼管杭は、柱状コラム工法と鋼管杭の併用で、高い安全性を持つ地上設置太陽光発電設備用基礎工法を実現しました。
アルミフレーム架台との組み合わせでさらなるハイパフォーマンスを実現します。

 

製品規格

柱状改良併用鋼管杭 φ89.1×t=4.2 l=1296
柱状改良部 φ400mm×ℓ1500
圧縮強度:500kN/㎡ セメント添加量:300kg/㎥

柱状改良併用鋼管杭は、地上設置太陽光発電設備の基礎工法として、極めて高い安定した耐力が得られます。

 

理由
柱状改良コラム工法を併用することで

■ 地盤と接する面積を大きくする

■ 地盤との密着度を損なうことがない、地盤との周囲摩擦を確保

 コラム直径:標準φ400mm

 コラム深度:標準1500mm

施工状況

製品仕様/設計フロー/試験結果

PR資料_1のサムネイル PR資料_2のサムネイル PR資料_3のサムネイル PR資料_4のサムネイル

対応フレーム

太陽光発電向け基礎抗の一覧に戻るPRODUCTS LINE UP

Page TOP