アルミ外装パネル|『ISノンシールパネル』

『ISノンシールパネル』

アルミ外装パネル

製品の特徴

 安全確保
ビルの外壁は10年を過ぎると機能の低下や劣化が目立ち、
定期的な点検・メンテナンスが欠かせません。その経済的な負担を減らし、
かつ将来にわたり安全を確保するには壁面全体をカバーする方法が最も適した方法です。

 

 資産価値の向上
アルミパネルによるカバー工法は、既存躯体への雨水侵入を防ぐとともに、
アルミの軽量さや日射反射の特性を活かし、中性化から躯体を保護することができ
省エネ化・長寿命化につながります。

 

 オールアルミ&ステンレス
パネル本体、下地材のすべてをアルミ材とし、アンカー・ビス類をステンレス材としています。
錆びや、材質劣化、強度低下の心配がありません。また、長期耐久性が高く、
永続的に安全を保てます。

 

 パネル脱落防止機能
パネル本体の取付け金具は落下防止機能を併用。想定外の外力が働いた場合でも、
パネルの脱落を防止します。

 

 軽い
他の外壁リニューアル材と比較して、圧倒的に軽いアルミパネルは、
パネル本体と下地材などすべてを含めても8.8kg/㎡。
作業や躯体にかかる負担を軽減します。

 

 火を使わない工法
ISノンシールパネルは、シンプルに組み上げる下地構造となっており、
溶接をまったく必要としません。
そのため無火気となり、火災の危険がなく安全です。
また、効率的な作業となり工期短縮にもつながります。

 

 選べる色彩
自由に選べる色調は個性的な空間演出や建物のイメージが一新でき、
かつ周辺の景観へ多様な対応が可能です。
また、ISノンシールパネルは、耐候性に優れたフッ素樹脂焼付塗装を標準仕様としています。
パネルの色調変化や汚れ・腐食を防ぐ機能を長期にわたり保ちます。

 

 シンプルな美しさ
ISノンシールパネルの個性的な深目地はパネルのラインを強調し、
シンプルで飽きのない美しさを表現します。(タテ目地:20mm、深さ50mm ヨコ目地:幅15mm、深さ33mm)

 

 メンテナンスフリー
雨風の運動エネルギーを低減させ、ヨコ目地で雨水の表面張力を切断することで、
パネル表面への影響を最小限にとどめます。
→アルミパネルと既存外壁との間の通気層は気圧差がなく等圧空間となる。
→雨水はパネル上面から側面を伝い、タテ目地が雨樋となって下方へ誘導する。
→下方に誘導された雨水は、見切ボーダー部分で排水する。

 

 パネルの交換が容易
パネル本体は、下段から上段へ順に積み上げる方式となっています。
メンテナンスパネルを予め設けておくことで、万一、台車や自転車がぶつかったり、
突風などの影響で何らかの破損が発生した場合に、全てのパネルを外すことなく
パネル交換を速やかに対応することができます。

 

 足場の設置が容易
・足場のつなぎプレートを設置することで、将来、外装メンテナンス時に
 再び足場の壁つなぎ位置として利用することができます。
・足場つなぎプレートへ壁つなぎ金物の位置をもり替えることで、
 パネルを貼り残し、足場撤去時に後貼りすることがなく、
 工程管理を容易に進めることができます。

施工例

製品規格

  仕様 表面処理
パネル本体

アルミニウム及びアルミニウム合金の板

JIS H4000 A1100P-H14

フッ素樹脂焼付塗装

スライドレール

アルミニウム合金押出形材 JIS H4100 A6063S-T5

陽極酸化塗装複合皮膜

 ブラケット類

アルミニウム合金押出形材 JIS H4100 A6063S-T5

陽極酸化塗装複合皮膜

副資材

寸切ボルト M8×140

座付ナット M8

オーステナイト系ステンレス鋼

JIS G4315 SU304 相当品

生地

六角へクス M6×19

マルテンサイト系特殊ステンレス鋼MRX

ハシペート

樹脂接着剤 ビニルエステル樹脂  

システム詳細

タテ目地・ヨコ目地 笠木・貼始めボーダー 端部ボーダー・見切りボーダー コーナー・サッシ開口部 メンテナンスパネル・足場つなぎプレート

リニューアルフロー・耐風圧強度

外装リニューアル一貫体制 耐風圧強度

アルミ外装パネルの一覧に戻るPRODUCTS LINE UP

Page TOP